ライトノベル作家、大谷久のブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
猫にとって瞬間移動はさほど難しくない

移動しないに越したことはない、大谷久です。

 

先週はつーまーさんが出張の為に家にほとんどおらず、

出張から帰ってきたら今度は実母に会うために家を空けていたので

なかなか会う機会がなかった。

家につーまーさんが居ないのならば、好き勝手やってやろうと

意気込んでいたけれど、結局いつも通りの生活を送ってしまい

なにやら自分の器の極小さを再確認出来る週だった。

 

今更ながら好き勝手するならなにをしようか考えてみたところ、

ポップコーンの素を一キロほど買ってきてそれをすべて

ポップコーンにして家中ポップコーンまみれにして

そこで眠りに就くというのが、僕にとっての好き勝手だけど

帰ってきたつーまーさんがその惨状を見て再び家を出ていかねないので

実行しないでよかった。

帰ってきたら我が家に浮気相手が裸で、みたいな状況と

どっこいどっこいで逆鱗に触れるのだろうと予想する。

 

 

 

さて、今日のブログを書いていく。

 

エピソード・猫。

「膝上猫がリバーシブル」

 

家に居る間、この時期の僕はこたつに入ってパソコンをしている

ことが多い。実際、先週なんかはつーまーさんにあれこれとしなくて

よかったので家に居る間中、ほとんどこたつと合体していた。

ガンタンクのこたつバージョン。

ガンタンクは下半身のタンクによってごつごつした岩場でも進んでいける

ようだけれども、下半身がこたつの場合どこにも進めない。

停滞につぐ停滞で、やがてそこで睡眠を取ろうか迷うけれど

この歳になってこたつで寝ていると次の日背中がばっきばきで

死ぬよりも辛い目に遭うのでかろうじてベッドで寝ている。

ベッド型のこたつが出来た日にはたぶん僕は死ぬまでそこに入っているだろう。

だったらベッド型じゃなくて棺型でも構わない。

 

そんな生活をしていると、膝の上に常に猫が丸まっていたりする。

猫にとって膝の上はだいぶ落ち着く場所のようだ。

放っておけば日長一日、膝の上に居ることが出来るようで、

膝の上でなにをしているかといえば、たいてい寝ている。

猫とは寝子でもある。

パソコンをしながら膝の上の猫の顎なんぞ撫でてやっていると

そりゃあもうごろごろ言ってくる。ちょろい猫だ。

世に言う簡単に主人公に惚れるちょろいヒロイン、チョロインよりも

よっぽどちょろい。

顎さえ撫でてやればもはや全面降伏、腹を見せながらいびきをかいて

寝ている。かつてこの生き物は野生に生きていたのだと言うが

本当かどうか疑わしくなる寝姿だ。

 

 

そしてパソコンに集中していると、いつの間にやらごろごろ鳴く声が

変わっている。

ふと、膝へと目を落とすとそこには別の猫が丸まっている。

二匹飼っている猫が代わる代わる僕の膝の上に乗っているという寸法だ。

しかし、いつ入れ替わったのだろう。

さっきまでは茶色い猫が乗っていたはずなのに。

気づけば灰色の猫になっている。

もしやリバーシブルタイプで、ひっくり返して見てみると

実は片面は茶色もう片面は灰色なのではないだろうかと確かめて見ると

違う。そんなことあるはずはない。

「てめぇ、我が気持ちよく寝てるとこ起こすなや」

という鋭い眼光で睨まれるのでそっとして置こう。

 

しばらくパソコンをやっていると、気がつくと再び元の猫が

膝の上に収まっていたりする。

無音無動作で入れ替わってる。

普通、入れ替わる時は尾道の石階段の上からくんずほぐれつ落ちてくる

しかないと決っているのに。例えが古いけれど。

絶対に君の名はを出した方がわかりやすいはずなのに。

まぁいい。

 

猫は膝の上だけじゃなく、気付くと意外なところにいる。

 

静かだなと思ってふと振り返ると、閉めたはずのトイレに入り

便座の上に座ってる。そしてこっちを見ている。

 

エサの時間になったのにどこにも居ないと探してみると、

見つからない。逃げたのかもと心配になると

いつの間にかエサの箱に身を丸めてこちらを見ている。

 

 

 

猫とはそういう生き物らしい。

どこにでも居てどこにも居ないというシュレディンガーの猫の話が

あるけれど、猫にしてみたら「瞬間移動出来るから、居るとか居ないとか

言われても」みたいに思っていたらそれはそれで恐い。

 

 

 

 

このブログを書いている最中も一匹の猫が膝の上で丸まっていた。

さてもう一匹はどこに居るのだろうと探してみると

洗面台の中で丸くなっていた。

どこに居てもいいとは思うけれど、もう少し冷たくない場所があったろうに。

それとも瞬間移動の失敗だろうか。

 

そういえば棺型のこたつがあったら、猫は温かさを求めて

棺の上で丸くなるのだろうなと、ふとそんなことを思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではー、次のブログで。

| 18:40 | 猫とかアイドルとか怨念とか | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://hisaootani.jugem.jp/trackback/1328