ライトノベル作家、大谷久のブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
春のむずかしアイテム

ベビースターラーメンだけ食べて生きていきたい、大谷久です。

 

あれが完全栄養食品だったらなぁ。

そんなことを夢見ながら毎日ベビースターの小袋を開けています。

栄養的に完璧になるのになにが足りないって、

ベビースター以外の全ての栄養素が足りてないのが致命的ですよね。

そればっかり食べ続けていたらやがて死ぬって意味の真っ直ぐな意味での

致命的なので、やはり野菜、ベビースター、野菜、ベビースターの

ローテーションにするしかないです。

ベビースターベジタブル味が出たらもうその時は

一生分のそいつを買い占めて僕の食生活は終わりを迎えることにしよう。

 

 

さて、今日もブログ書きますよ。

 

カテゴリー・アイドル。

「この春から始められるアイドルアパレル生活」

 

以前、男性アイドルグループのグッズの方が女性アイドルグループのグッズより

日常に使う為に溶け込みやすく作られている。

ということに気が付きまして。

その際に女性アイドルグループのグッズの中には時折すさまじい戦闘力を

持つ勇者の衣みたいなものが見つけられると発見し、それ以降、時間があると

アイドルグループの物販サイトをはしごして色々見て回るのが

面白くなっています。

 

 

ところで、四月ももう終わりに向かっていますよね。

新入生の皆さんも、そろそろ周りに馴染んできたころ。

四月デビューを果たすには少し遅れを取っている時期とも思えますが、

ここは一つ、アイドルグッズのアパレル部門に手を出して

イメチェンをしてみるのはどうでしょうか。

きっと十年後も記憶の中で思い返せるような、それはそれは

ファナティックなイメチェンを果たせるはず。

ユニクロで小奇麗なアイテムを揃えるのも良いですが、

これからはユニクロでは揃えられない刺激的なアイテムを紹介していきたい

と思います。

 

 

 

まず、このところ僕の目についたのは、

アイドルグループの推しメンの名前が入ったベースボールユニフォーム。

アイドルと野球。

まったく関係ないところをハンダゴテで無理やり溶接したような

奇跡のコラボです。

ベースボールユニフォームの背中の部分に、推しメンの名前が刺繍してある

これぞ隠す気がないオタクアイテムという王道の逸品ですが、

しかしこれを取り上げて、普段着にさせる気ないだろと突っ込むのは違いますね。

このユニフォームには明確な使い道があるからです。

それはコンサート会場での着用。

ロック・フェスに行けば会場でバンドTを購入して着るのと同じことです。

アイドルのコンサート会場で着る分にはまったく浮かない。

むしろ一体感というか応援してるんだぜ感を一枚着るだけで出せる優れものです。

野球選手のレプリカユニフォームは普段着というより観戦時に着ることが

多いように、このアイテムも同じく作っている側が普段着として着ることを

想定していないので、正しく使用する分にはまったく無難ですよね。

昔からある推しメンの刺繍入り特攻服を用意するよりもはるかに手を出しやすい

という利点もあると思います。

ただし、作り手側が想定していない普段着として着用を始めると、

ベースボールユニフォームを普段着にしている人があまり居ないのにプラスして

よく見るとアイドルの名前が背中に刺繍してあるというインパクトが

キャンパスライフに華を添えてくれるはず。

なにをどうするかわからないけれど、やってやる!

そんな漠然とした気持ちを持つ若者はぜひ普段着として挑戦してみてください。

 

 

続いてはー。

 

カラーがショッキングな赤・緑・青。

そんなラインナップで構成されたアロハシャツ。

これもサイトを見ていると目に留まりました。

最初に紹介したアイテムがコンサート用だとするならば、このアイテムは

どうやら日常使いに向けているように思えます。

背中にもフロントにもアイドルの名前もチーム名も入っていない。

全体的にハイビスカスのような模様が散りばめられています。

しかしよく見ると花の模様の中にアイドルグループ名が隠されている。

という、隠れキリシタンもこういう手法でアロハシャツに主の姿を紛れ込ませて

陽気に暮せばよかったんじゃないかというエポックメイキングな逸品です。

アイドルグッズというアピールが強くないので

安心して手に取れる。

そう錯覚させることが、このアイテムの真骨頂です。

まず、そもそもの話になるんですがアロハシャツというアイテム自体が

おしゃれ素人に手が出しづらいことを巧妙に忘れさせようとしているんじゃないだろうか

と僕は疑ってしまいます。

アロハシャツなんて、ハワイかグアムか沖縄に旅行行った時の高揚感の中で

ようやく着られるくらいに浮かれてないと似合わない不思議な服だと思っています。

これが日常的に似合うのはKONISHIKIさんくらいでしょう。

四月デビューをしたいおしゃれ初心者がうかつに手を出そうものなら

全身火だるまになるくらいの大やけどを負うこと間違い無し。

春なのに常夏野郎なんていうあだ名を付けらたいあなたにおすすめ。

アイドル分が少ないからといって、元のアイテムの難しさを忘れないで。

という作り手側が込めたメッセージをちゃんと受け取って着用してみては

いかがでしょうか。

 

 

 

 

さて、最後の紹介ですが、

今まで長々書いてしまったので手短に。

アイドルグアパレルシリーズの中で、小物に注目してみたところ、

なかなかにハクいアイテムを見つけました。

ロゴ入りキャップです。

グループ名がロゴになってキャップのフロント部分に刺繍されているのですが、

明るいオレンジと赤の糸を使い、火が燃え上がるようなデザインの

ロゴとなっています。

まったく関係ないのですが、スラッシャーというブランドのロゴを

検索してみてください。まったく関係ないのですが。

僕から言えるのはそれだけです。

オマージュという言葉の大切さを噛み締めて、小物アイテムに手を出してみても

いいかもしれません。思わぬ化学反応が起こり皆の注目を集められるかも!

 

 

 

 

 

 

 

春もうららか、これからはGWに向かっていく時期ですが、

連休明けにクラスメイトから注目されるようなデビューの手助けが出来れば

幸いです。

 

 

 

 

 

ではー、次のブログで。

| 18:31 | 猫とかアイドルとか怨念とか | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://hisaootani.jugem.jp/trackback/1336